患者数の議論より、ワクチン接種の方策を

内閣官房参与高橋洋一氏が日本の新型コロナウィルス患者数が増加していることについて、この程度であれば「さざ波」であるとTwitterで呟き炎上しているといわれています。

欧米のピーク時の1日数万人の新規患者数に比べて、日本の1万人に満たない患者数は「さざ波」であるとの主張です。

しかし、欧米と比べ、PCR検査数が極めて少ない我が国の状況を欧米と患者数を比較する事はできません。我が国では1日のPCR検査数が数万であることも多く、陽性率100%でないと患者数は数万に達しません。

また、高齢者で入浴中に亡くなる方は年間1万7千人と試算され(東京都健康長寿医療センター副所長髙橋龍太郎による)、新型コロナウィルス死亡者数の1万1千人を超えていると言う情報もあります。その数との比較を根拠に、新型コロナウィルス死亡者数は多くないと主張する人もいます。

しかし、そうであっても、医療が逼迫しています。

そもそも海外の患者数と比較する必要があるのでしょうか?入浴中の患者の救急搬送では医療は崩壊しません。

数の解釈は問題点を不明確にします。

緊急事態宣言の効果も少ないことが判りました。

今行うべきことは、ワクチンを出来るだけ多くの国民に打つことにもっと注力することです。河野ワクチン担当大臣は「効率よりも公平性を重視してしまった。」とコメントしていますが、効率に軸足をシフトしていくべきです。ワクチンを打てば、打った人が感染を広げるリスクは劇的に下がります。

現在、緊急事態宣言や蔓延防止法が発出されている地域全国民に2ヶ月以内にワクチンの接種が完了させることが、優先課題です。

市町村レベルで感染リスクが低い地域にワクチンを配布することは感染症学的に不合理です。

市町村レベルの行政が主導していると効率的でないことが出てきてしまいます。

資金を投下し、民間の力を結集するべき時です。

ワクチン開発にはビルゲイツ氏が貢献したと言う話も聞きます。

昨年の医療資源が不足したときにソフトバンク孫正義氏が慈恵医大にもサポートしてくれました。

※2021年5月14日時点の医師横山啓太郎個人の意見です。

ワクチンの電話予約

新型コロナウィルスに対するワクチン接種が開始されています。

市町村が高齢者にクーポン券が郵送され、その後にインターネット及び電話予約を行うことになります。

私は、新宿区在住で母は94歳です。5月6日からインターネットと電話予約が行われました。

私は、インターネット予約を試みましたが、午前中にはインターネット枠がいっぱいになりました。その後、ひたすら電話をかけまくりましたが、数百回かけてもつながりません。

その中で分かったことは、

N T Tの「只今電話が混み合っています。暫く経ってからおかけ直しください。」というアナウンスは、数種類あることです。

もう一つわかったことは、iPhoneの電話の履歴は200件のため、私の電話帳の履歴はコールセンター以外白紙になることでした。

数十回のうち1回は新宿区の担当部署につながりますが、そこで受話器の向こうから聞こえるのは、新宿区が作成した「只今電話が混み合っています。暫く経ってからおかけ直しください。」と言う音声でした。1つステージをクリアした後の同様の音声を聞くと途方に暮れます。

最終的に締め切り3分前の18時57分にオペレーターにつながりました。

今回の新宿区ワクチン対象者は75歳以上の新宿区在住の高齢者です。新宿区の75歳以上の人口は3.3万人と試算されています。5月中に新宿区で確保されているワクチン数は8000本とのことです。ワクチンの倍率は4倍です。

その中で、高齢の方が朝から晩まで繋がらない電話をかけ続けたかと思うと心が痛みます。

実施する方は、このような現象が起こることは容易に予想できたはずです。

行政の方も手一杯と思いますが、高齢者のかなしい顔を想像されていたのでしょうか?

例えば午前中は電話番号の末尾が奇数、午後は偶数などと制限すればもっとスヌーズに電話がつながるのではないでしょか?

全体を統括するシステムがないことに我が国の行政の行き詰まりを感じます。

 

※2021年5月9日時点の医師横山啓太郎個人の意見です。

 

新型コロナウィルス感染症ワクチンをうつことについての「かかりつけ医への質問」

高齢者への新型コロナウィルス感染症ワクチンの接種の案内が区役所から郵送されるようになってきました。

「新型コロナウィルス感染症ワクチンの接種の是非や保証は政府が持つ」と発表されていますが、みなさんに配布される用紙には「かかりつけ医にワクチンをうって良いかの判断を仰いでください。」と書かれています。

 

ワクチンの接種予定の方が、「私はうって良いのですか?」と聞かれた時に私たち医師はどのように答えたら良いのでしょう?

現在我が国のワクチン接種者は200万人を越え、ワクチン接種後の死亡者は10名程度と報告されていて、その死因とワクチン接種との因果関係は明らかになって言いません。

 

そうは言っても、重篤は副反応が出る方にしてみれば「先生は、大変になる確率は低いと言ったが、私はうたない方が良かった。」ということになるのです。

 

ワクチンのリスクより高い医療行為は沢山あり、例えば大腸カメラを受ける方がリスクが高いと言えるでしょう。大腸カメラは健康診断で便に血が混じると一様に進められます。

社会に定着したリスクは、説明する方も説明される方もストレスがありません。

自動車事故で怪我をした時に自動車運転のリスクを訴える人はいないと思います。

 

ワクチン後に発熱される方も半数以上いらっしゃいます。その方々が、クリニックに押し寄せるとコロナ疑いの発熱患者さんを診ることができなくなります。

 

私の勤務する慈恵医大晴海トリトンクリニックでは、摂取後の発熱に対するリモート診療の準備をしています。

 

現場への対応の国の想像力は残念な印象です。

※2021年4月29日時点の医師横山啓太郎個人の意見です。

新型コロナウィルス感染症ワクチンをどうしてうつのか?

慈恵医大では、現在医療者に対する新型コロナウィルス感染症ワクチン接種が行われています。90%程度の医療者がワクチン接種を希望しましたが、10%の医療者がワクチンを希望しませんでした。希望しない医療者の中には予防接種に対するアレルギーの既往がある方もいましたが、多くは「怖いから打ちたくない。」と言う理由です。

医療者は、多くのタイプの患者さんを診たり、医療的な知識のために予防接種を怖がる割合が多いのかも知れません。

 

ワクチンを打つことの感染しにくくなるメリットと得体の知らない怖さを比較しているのかも知れません。

 

しかし、ワクチンを希望しない部署は集簇的に認められ、当人の「怖い」と言う意志が身近な周りの人の意向によって大きく左右されることがわかります。

病院からワクチンを薦められることに嫌悪感を持つ医療者も存在します。

 

このような医療者も、多くの国民がワクチンを希望することを目の当たりにすると、「怖い」と思っていた意識も大きく変わるかも知れません。

 

人の恐怖心は、ちょっとしたことで変わります。もし、

  • ワクチンを打った人だけハワイに行ったときの隔離期間がない。
  • 友人と同じスケジュールでハワイに行くにはワクチンしかない。

となると、比較するものが友情であったり、ハワイとなります。するとワクチンを打つ選択を決めるものさしが職場のルールから友人とのルールとなり、大きく考え方が変わることもあるでしょう。

「高齢者のために若者がワクチンを打つべきだ。」と言うより、「若い人は、ワクチン打って海外行ったら楽しいだろう。」と言うロジックの方が、ワクチンを希望する若者が増える気もします

 

※2021年4月20日時点の医師横山啓太郎個人の意見です。

新型コロナウィルス感染症ワクチンによる集団免疫獲得への道筋

今週初めから一部の地域で高齢者に対する新型コロナウィルス感染症ワクチン接種が開始されました。

しかし、八王子では高齢者の人口16万人に対して1900人の摂取のみで、次のワクチン供給の日程は決まっていないとも報道されています。

我が国の一般高齢者への接種開始の報道が、アピールに過ぎないという印象を持ってしまいます。

 

政府は6月までに高齢者に必要分のワクチンを入手できると発表していますが、重要なことは「多くの国民が、ワクチンを摂取して、何時集団免疫を獲得できるか」と言うことです。英国ではそのことが実現されつつあります。

摂取開始がいつかが問題ではなく、集団免疫を獲得できる時期が問題であることであることは、多くの人は解っているはずですが、野党もマスコミもそのことを問いただしません。

八王子で余ったワクチンを2名の医療者に接種したと言う報道もあります。医療者でワクチン接種が終わっている人は20%もいないはずです。新型コロナウィルス感染症を積極的に引き受けている病院の私の友人の医療者もいまだワクチンが接種できていません。

長野県の過疎地のお年寄りがワクチン接種し、その村ではワクチン接種の対象高齢者以上のワクチンが国から支給され、ワクチンの処理が決まっていないと言う報道もあります。

 

ワクチンは若年者の方が高齢者より副反応が出ます。無症状や軽症の若年者はワクチンを接種するのでしょうか?これは、集団免疫獲得のためには重要なポイントです。

 

集団免疫獲得への道筋は、誰が考えているのでしょうか?

昨年の今頃は、「アベのマスクを配ります」とその重要性について胸を張ってお話しされていたのが、当時の菅官房長官でした。

※2021年4月14日時点の医師横山啓太郎個人の意見です。

 

2021年ロンドンオリンピック

巷では、池江璃花子選手のオリンピック出場を決めた活躍で沸き立っています。

新型コロナウィルス感染拡大でオリンピック開催を望む国民は20%と言われていましたが、池江選手の活躍や聖火リレーの開始により開催を望む国民は30%まで増加しました。

実は、本日、私の外来に来た患者さんが、「先生、私聖火リレーを走る事になりました!先生のお陰です。」と言ってきました。この患者さんは腎移植患者さんで、20年前に腎移植をして現在は47才になっています。「移植によって元気になった姿をみんなに見せたい。」と笑顔で続けました。

私は、何もしていませんが、経過がよく、今では東京から長野に移り住み農業を始めています。そんな彼女は私の誇りでもあるので、「もし、オリンピックが開けるならばそのほうが良いかも知れない」という気持ちが頭をもたげました。

しかし、午後にわたし自身が2回目のコロナワクチンを接種するのですが、そのことを考えると、とてもオリンピックどころではありせん。我が国のワクチン接種の遅れは他国とは比べ物になりません。国会で厚労大臣が「我が国は感染者が少ないのでワクチンの治験が遅れることがワクチン接種遅延の原因である。」と答弁していました。しかし、接種率は感染者の少ない韓国にも接種率は遠く及びません。

一人のスポーツ選手によって沸きたった熱情を政治利用することなく、オリンピック開催で使う資金を感染防御やワクチンあるいは白血病治療ために用いることも政治がやるべき事柄かも知れません。

ワクチンで急速に感染者数が低下しているロンドンでオリンピックを開催することはできないかとも考えてしまいます。

昨年の今頃は、ボリス・ジョンソン英首相が「夏に開催するならロンドンでも良い」と言って小池都知事の怒りを買っていたように思います。

 

※2021年4月7日時点の医師横山啓太郎個人の意見です。

運動習慣を失うという悪循環対処法

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、多くの人がそれまでの運動習慣を失いました。

我が国ではジムや卓球場が最初のクラスターでした。室内だけでなく、隔離生活やソーシャルディスタンスから運動の制限が起こり得ます。

社会的孤立と運動不足によって、幸福感を司る化学物質であるセロトニンドーパミンなど、脳内の神経伝達物質量が低下します。このようなストレス下では交感神経が亢進し、血圧が上昇し、血小板凝集が促進されます。こうした変化によって脳卒中や心臓発作のリスクが高まります。免疫能の低下にも関連します。

ストレスが、睡眠不足を引き起こし、血圧を上昇させることも容易に想像できます。

そもそも、運動するには、運動をしようとするマインドが必要ですが、そのマインドが損なわれているのです。

孤立→運動不足→ストレス(脳卒中や心臓発作のリスク)→やる気の低下→更なる運動不足

と言う悪循環に入っていきます。

そのためには、人とのつながりの回復、定期的な運動、健全な食生活、ストレスリリースの4つが必要と思われます。

これは、悪循環なので4つのうちの得意なものから手をつけてください。

 

※2021年4月5日時点の医師横山啓太郎個人の意見です。